鶴が城(福島)

| コメント(0) | トラックバック(0)


会津若松市役所の南に位置し、新政府軍の猛攻にも落ちなかった難攻不落の名城。


別名   : 鶴ヶ城、会津若松城、黒川城
築城   : 至徳元年(1384年)
築城主  : 蘆名直盛
主な城主 : 蘆名氏、伊達氏、蒲生氏、上杉氏、加藤氏、保科氏・会津松平家
主な改修者: 蒲生氏郷、加藤明成
城郭構造 : 梯郭式平山城
天守構造 : 望楼型7重不明(1593年(文禄2年)築)、層塔型5重5階地下2階(1611年(慶長16年)改)、層塔型5重5階(RC造 1965年(昭和40年)再)(1620年改)
遺構   : 現存天守、石垣、土塁
再建造物 : 石垣、土塁、堀
廃城年  : 明治7年 (1874年)
指定文化財: 国の史跡



至徳元年(1384年)葦名直盛がはじめて東黒川館という館を造ったのが会津若松城(黒川城)のはじまりとされている。


鶴が城(会津若松城)











現在の天守閣は、昭和40年(1965年)に再建された物です。


再建された鶴が城





城跡は、鶴ヶ城公園として市民の憩いの場でもあり、休日とも成ると多くの家族連れで賑わっているようです。


鶴ヶ城公園





天守閣からは、四方に拡がる会津若松の市街地を見ることが出来る。


会津若松市街地





もっと画像を見る。

会津若松観光ビューローはこちらからご覧頂けます。





「行って見たい!」と思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4383

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜