多発性筋炎(再発後の経過156)

| コメント(23) | トラックバック(0)


プレドニン3.5錠(17.5mg)の隔日(18.75mg)を3.5錠(17.5mg)に減量してして176日目、前回の眉間と両手の甲の痒みの原因は解った?


12/02 の採血結果
(2011/02/25 再燃して191週間)
6/08から3.5錠(17.5mg)に減量してして176日目の結果です。


採血データを見るにはAdobe Readerが必要です。表示されない場合はこちらから入手できます。


採血データを管理されたい方、この採血データ表で良ければこちらからダウンロード出来ます。


CK値(99.0→80.0)、ミオグロビン(105.3→84.6)、CK、ミオグロビン共にこの辺りで安定している様です。


ただ今回のデータには溶血のためにBマークが記されていたので、信用性に欠ける結果と成ってしまっているようです。


Bマークが記されていたのは

総蛋白、総ピリルピン、AST(GOT)、ALP、LD(LDH)、CK、カリウム

の7項目でした。


-------------------------------------------------------------

溶血:


赤血球の膜が破れるなどして,ヘモグロビンが血球外に出る現象。溶血素の作用による抗原抗体反応によるほか,浸透圧の低下,ある種の細菌の分泌する毒素,薬剤など,種々の要因で起こる。

血液中の赤血球が、何らかの影響によって壊れてしまい、赤血球中に含まれるヘモグロビン(血色素)が血清中にでてしまうことにより起こる。

溶血を起こす原因は、病気によっても起こることがありますが、採血の手技の影響で起こることがほとんどです。


採血における溶血を起こす主な原因

血液が泡立ってしまった

1) 採血後に試験管に血液を移す際に試験管の底に勢いよく流し込んだ場合
2) 採血後、転倒混和を勢いよく行なった場合

その他

1) 採血時に細い針を用いた場合
2) 試験管の容量よりも血液量が少なすぎる場合


この溶血によって一部の血液検査項目が正確に測れないことがあるため、血液検査結果に溶血がある場合は、その旨を記載することがあります。

-------------------------------------------------------------


このデータを見た時に、カリウム値が異常に高かったので、ワカメやひじきの食べ過ぎ? と思ってしまいました。(笑)


と言う事で、今回の採血データは参考までにしておきます。


それより問題なのが、前回言ってました眉間と両手の甲の痒みです。皮膚に赤みが伴わない痒みでしたが、採血データの結果を見れば総コレステロール:251、中性脂肪:107、HDL:58、LDL:171.6と、中性脂肪は下がったものの、悪玉コレステロールが異常に高値を示している。


悪玉コレステロールが高いと言う事は、当然酸化コレステロールも高いと言う事に成ってきます。皮膚に赤みが伴わない痒みでも、原因は酸化コレステロールに依る痒みと言う事に成りますね。


残念ながら、悪玉コレステロールが正常値に戻ったのは一時の喜びと言う事でした。


逆に考えれば、痒みが出てきたら"食生活を見直せ"と言う事でしょう。


「働かざる者食うべからず。」ですね。


良く働いていると思っていたのですがね…(泣)


ただ浮腫に関しては、気候の助けも有り最近は目立った浮腫は出ていません。


浮腫の無い状態が続いてくれて有り難いです。





入院時に於ける検査項目や検査状況はこちらを参考にして下さい。


プレドニンの量に対する症状の変化

(免疫抑制剤を併用している方や個人差によって若干違って来るので参考まで)


ステロイドミオパチー

ステロイドミオパチーの終わりは、私の場合12.5mgまでの様です。一般的な目安は、10mg程度では無いかと思います。


ステロイドの事をもっと詳しく知りたい方は『ステロイドの体内での働き』を参照して下さい。


仕事を終えたステロイドの行く末を知りたい方は『ステロイドは、本当に蓄積されているの?』を参照して下さい。





「体調の維持管理、頑張っているな!」と思った方はクリック!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ
にほんブログ村 病気ブログ 強皮症・皮膚筋炎・多発性筋炎へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4390

コメント(23)

今晩は。

今日はお天気が大荒れしています。
風の音がビューンって聞こえます。

ミックさん体調も食事の管理も頑張っていますね。手の甲と眉間の痒みどうしたらいいのでしょう?保湿は足りていますか?

食生活についてですが、普通独りだと一食抜いたり超手抜きで終わらせてしまうと思います。
私も家族の食事の心配のない昼は何を食べたか食べなかったのかも思い出せないです。
今日の昼は家にあった野菜と果物でスムージー作ったっけ。

相変わらず骨皮筋子なので肉か出来たら筋肉もつけたいんですがなかなか大変です。
子どもたちにマッチョなお母さんは何処へ行ったの?と言われてます。

こんにちは

筋力はやはり年齢が上がるほど戻りにくくなるようですね。
健常者でもそうなので私たちのように失った筋肉も多いのでもっと戻りにくいのだと思います。

コレステロールの原因。
ステロイドではないですか?
元々の体質などあるかもしれないけどそれだけ沢山長期に亘って服用していたら何かしら副作用も出ますよ。
確かに悪玉が高いと嫌ですね。
私は善玉が100位あるのでトータルの値がやや高めですが放置です。
最近は善玉が高すぎるのもまたよくないとか聞きますし考えていたらキリがなさそうです。

ステロイドの副作用ですが、ずっと降圧剤飲んでます。
時々血圧が下がる日が続いていると 「良くなったかも」と暫く薬をやめてみるとまたジワジワっと上がります。
そんなわけで入院中からずっと降圧剤のお世話になっています。
仕方ないですね。そう割り切っています。

中性脂肪ですか。

私は発病前に体重が60キロ近くあって(168センチ)でもその頃から年に一度程度の血液検査で中性脂肪は70位だったと思います。
今は更に痩せて47キロになって でも最近は血液検査の項目から中性脂肪がなくなったんですが発病後も少ない時で40位。
多分今も高くなってないと思います。
なのであまり気にしていません。
でもミックさんの様にステロイドが10ミリ以上が長かったら気にすべきなんでしょうね。
10ミリ以下になって三年以上経つのでそんな事が言えるのかもしれないです。

コレステロールは私の母親が若い時から数値が高くやたらに食べ物を気にしていました。今でも私に卵を食べすぎるなとかバター(品不足ですね。)食べ過ぎだとか煩く言ってきますがスルーしています。

私位の食事量と内容ならミックさんも今の状況から脱出出来そうですが食事の量が少な過ぎるかな。
ところで今夜は何と牛フィレをミンチしてキノコと野菜の和風煮込みハンバーグ作りました。その気になればできるじゃんといい気になってます。
明日はまた手抜き料理だ!

初めまして。

今年、皮膚筋炎とシェーグレン症候群を発症した50代半ばの女性です。7月からステロイド治療が始まり、10月にステロイドミオパチーが起こり、このサイトにたどり着きました。

3月中旬から4月初めまで検査入院。その結果、皮膚筋炎は軽度であったため、抗炎症剤による治療のみとされました。しかし7月に急激に悪化し、ついにステロイド(50 mgから)治療を開始しました。8月末に退院したのですが、また9月中旬に悪化してしまい、再入院となり30 mgまで減っていたステロイドを40 mgまで増やし、更に免疫抑制剤も併用となりました。この間にミオパチーを発症しました。現在プレドニン17.5 mg、免疫抑制剤(ネオーラル)225 mgです。

現在、CKは88と落ち着いていますが、LDHが338と高い数値です。mickさんの経験では、この状態はまだステロイドミオパチーが続いているということでしょうか?

また9月に悪化した原因も分かりません。紫外線に当たったせいか、動きすぎたのか?どのような時に再燃するのでしょうか?それは個人差があって一言では言えないのでしょうか?

入院中は先生にあまり動かないように注意され、「省エネでやってください」と言われていました。mickさんのプログを読むと、仕事をして体を動かしているときの方が調子がいいとか。一体どちらが良いのか自分でも分かりません。私の場合、やはり動くと悪化するような気もします。

2月まではマスターズ水泳大会に出場し、メダルも取っていた私です。筋肉の塊のようだった私ですが、今では見る影もありません。しかしいつかはまた水泳を再開したいなと思っています。もちろんもう競泳は無理ですが。みゆさんは水泳をなさっているとか。いつぐらいから水泳を再開できるのかお聞きしたいところです。

mickさんのプログは色々と参考になることが書かれていて、過去のものから少しずつ読ませていただいています。これからも分からないことを質問させていただくかもしれません。よろしくお願いします。

早速の返答ありがとうございます。

私のダラダラした説明を箇条書きにして分かりやすく整理してくださり、ありがとうございます。

1回目の入院(検査入院)時のCKは280でした。この数値はギリギリ異常範囲で、1000を越える人もいると先生に言われました。mickさんも確かそうでしたよね。数百の私がこれなら、1000を越える人って、一体どれだけ大変なんだと思ったものです。でも後から分かったことですが、私の場合、CK値は低く出るようです。2度目の入院(ステロイド治療開始)の前には350程でした。検査入院の最後に筋生検も行い、この結果が最終的な決め手となってステロイドによる治療は不要となりました。

プレドニンによる治療は50 mg(25日)、40 mg(14日)と減量し、30 mgになって数日で退院となりまし。まだ皮膚の赤みは残っており、大腿部の筋肉痛がある状態でしたが、入院時と比べると格段に良くなっており、私も早く退院したいという思いがありました。しかしやはりもっとゆっくり減量すべきだったのかもしれません。悪化の原因はやはり減量が速すぎたということかもしれません。

運動は病気が発覚してすぐに止めるように言われ、その通りにしていたら、身体がどんどん固くなり、着替えにも難儀するようになりました。しかし3回目の入院時にリハビリをやってもらい、理学療法士の人が、主に肩周辺をなでるようにマッサージしてくれました。自分でストレッチをすると痛いだけで、次の日にはまたゼロに戻ってしまうのに、リハビリをすると徐々に可動域が広がっていくのを実感しました。合計15回ほどやったでしょうか、終わってみるとかなり肩が回るようになり、それからは自分でも毎日ストレッチを欠かさずやっています。

3回目の入院と同時に帯状疱疹が見つかり、その治療もしながらステロイドを40 mgに増量し、プログラフ(プログラフは血中濃度がうまく上がらなかったため止めました)も併用した治療を開始しました。すると腕が上に上がらなくなり始め、最終的に肩より上に上がらなくなりました。また今まで見たことないほど腕が浮腫み(硬い感じ)、MRI検査の結果、ミオパチーとされました。この頃から先生はCKよりもLDHに注目するようになりました。しかしそれぞれが意味することの詳しい説明は全くしてくれませんでした。

浮腫みは一旦引け、次は軟らかい浮腫みが出ました。ステロイドは帯状疱疹が治ってから、30 mg(7日)に減量し、その後20 mgに減りました。20 mgにしてから1ヵ月弱で、ある日突然、手が上に上がるようになり、その日から体重も減り始め、むくみも取れ始めました。これでミオパチーが治ったのかなと自分では判断しました。先生はこの2週間前から使い始めたネオーラルが効き始めたと思ったようです。

ミオパチーは治ったのだと思っていたのですが、つい先日また訳もなく体重が増加して浮腫みが出て、今度は脚が重く感じました。今度は脚に来たかとがっかりしていましたが、数日で体重は元に戻りました。でもまだミオパチーはあるのかもしれません。

みゆさんはそんなに早く水泳を再開されたのですか?感染症の心配はありませんか?プレドニンや免疫抑制剤がどのくらいまで減った状態で水泳の許可が出たのでしょうか?自分としてはまだ腕が自由に上に上がらないし、少し動くと疲れてしまうので、まだ泳ぐのは無理だと思いますが、参考のためにお聞かせください。

mickさんはこの病気を抱えながら、割とhardな仕事をこなしていらっしゃるみたいで尊敬してしまいます。私は3月にきっぱりと仕事を辞めました。自宅でできるデスクワークだったのに、ストレスの原因は断ち切ろうと思ったためです。それから歯にアマルガムが入っていると言われたので、それも取り外しました(先週)。ついでに金属アレルギーも心配なので、銀歯もすべてセラミックに変える治療を来年早々行うつもりです。

悪化は季節の変わり目に起こりやすいのですね。気を付けるようにします。お忙しいでしょうに、詳しく親切な説明をどうもありがとうございました。

今晩は。

ドルフィンさん。はじめまして。

数日ミックさんのブログを覗いていませんでした。

長文のやり取りがお二人であったようで。
ステロイドミオパチーの事はミックさんの方が詳しいので ここでは水泳の再開について。

私は再開は確かに早かったです。
ステロイド35mgで真冬です。
勿論主治医には内緒です。
免疫抑制剤は服用していませんでした。
私の場合は運が良く感染症には罹患しませんでしたがネオーラルを服用しているとどうなんでしょう?
主治医の許可をとってから再開された方が良いと思います。
昨日も 神経内科(普段は膠原病科でこちらは頭痛の治療です。)の先生に維持のレベルで‥と釘を刺されたばかりです。
無理は禁物ですね。

多分最初はプールに入っただけでも身体がぐにゃりとなって泳ぐ事は大変かもしれません。
この四年間ほとんどFrはプルブイ挟んでキックなしで泳いでいました。
もうキックは打てないと思っていたのですが九月から楽なトレーニングのクラスに入り少しずつですがキックも再開しました。元気な時は何処か力で泳いでいた気がしますが今は力が完全に抜けてどの泳ぎも水面をする〜っと泳ぐ様になれました。
健康水泳ならばこの程度でいいかもしれませんね。

今までに筋炎で泳いでいる方に知り合った事がないのでドルフィンさんもどうか水泳が再開できるようお祈りしています。

おはようございます。

昨日はコメントのやり取りをさっと見て返信したので幾つか追記します。

私の発病時の状態ですが。確かckが2000を軽く超えていました。
身体もしんどくて特に左脹脛の筋の痛みが酷く一体これは何の病気と思いながらそれでも最初に紹介された大学病院に行く直前まで2000位の距離を泳いでいました。
私も相当な筋肉女だったようです。勿論医師は驚いていましたが多分脱水症状でしょうと輸液をして帰されました(笑)その後は徐々に具合が悪くなり自宅療養する事一ヶ月です。
三つ目に紹介された病院で入院した時はckが5000を超えており、先生から筋肉の貯金があったからこれで済んだのですねと言われた時はその意味がわかりませんでした。入院中も暇で何せ三ヶ月いたので部屋でこっそりピラティスをやったりすると簡単に数値が上がり 何度も安静にして下さいと言われました。
私は肺炎や癌もない多発性筋炎ですが後に他の先生が貴方は重症なんだぞと言った時は??でした。私は入院中よりもむしろ退院後の方が筋低下と浮腫みが酷く苦労しました。

一般的にこの病気は合併症状があればそちらも重視されると思いますが数値が安定してくると良しと見られる様な気がします。

入院中や退院後もリハビリや動きを制限すれば当然身体もどんどん硬く動きも鈍くなってきます。

ドルフィンさんの場合は数値が低く出るタイプの皮膚筋炎なんですね。
皮膚症状はその後いかがですか?
普段泳いでらしたプールは屋内だと思いますがガラス越しから日差しを感じる事はありませんか?


うちのプールは物凄い日差しなのでSLEで永くスイムしている人もいつも気を使っているそうです。

省エネの動きも入院中と今では違うと思いますがもし先生から運動の許可が出たら最初は軽いドライトレーニングから始めてみると良いかもしれませんね。
大会でメダルを取るドルフィンさんのレベルならスイムに必要な身体のトレーニングの仕方はご存知だと思います。先生にこの位の運動がしてみたいと今の状況を伝えてから持ちかけてはいかがですか?

歯のアマルガム。昔は当たり前に入れていましたね。
セラミックの方が見た目も美しく良いと思います。
私も昨年奥歯が歯根破折を起こして抜歯になりました。
こんな病があるので同じ大学病院で治療を受けましたが
インプラントは見送り部分入れ歯にしました。
異物をいれる事で免疫が過剰に反応しては困りますものね。
私は金属アレルギーはありませんがピアスなどのアクセサリーをつける時直接肌に触れるものは発病前からチタン、ゴールド、シルバー、プラチナ等を使う様にしています。病気になってもお洒落はしたいですね。

長くなりました。またわからない事がありましたら書き込みしてみて下さいね。

きっとまた泳げる様になります。
この言葉は入院中に若いドクターがふらりと夜間に部屋にやってきてかけて下さいました。私もドルフィンさんに同じ気持ちでエールを送ります。

では。♪( ´θ`)ノ

みゆさん、温かい詳しいコメントどうもありがとうございます。

CKが5000ってあり得るのですか?すごすぎます。私は50歳くらいのとき右の握力は30を越えていて、背筋も100を越えていましたが、検査入院時に測った右の握力は17でした。それでもCKは280程度だったのです。自分では筋力低下がはっきり分かりそれを訴えたのですが、認められませんでした。

私は50歳くらいのときから関節に少し痛みを感じていて(水泳のやりすぎかも)、数年前に試しにリウマチの検査をしてもらいました。その時は何でもありませんでしたが、今年の2月、大腿部の筋肉痛と瞼の腫れがあったので、近医にいつもの花粉症の薬をもらいに行ったとき、またリウマチの検査をしてもらったのです。すると膠原病のグレーゾーンと言われ、自分でアレルギー科のある病院を探して診察してもらったという次第です。その時はまだ確かにかなり筋肉はありましたが、今ではしゃがむと何かにつかまらないと立てない、腕はやっと上まで上がるといった状態です。

退院後に悪化して再入院してしまったのは動きすぎではないかと思っていました。そのため今度は再入院することのないように、主人には動きすぎるなと言われていて、主人がかなり家事をやってくれています(主人は私が病気になってから10 kg以上も痩せてしまいました)。でもこのプログに投稿している皆さんはどんどん動いていますね。私もこれから少しずつ動こうと思います。あまり運動を制限していたため、体力が本当になくなっていて、急には無理ですが、徐々に。

水泳はもう少し様子を見てからにします。私が行っていたプールはジャグジーには日が射しますが、プールは何とか大丈夫です。力がない方が、確かに力まないきれいな泳ぎができますよね。

私は3人の子育てとデスクワークのために30代半ばに腰痛になり、慢性的な肩こりもあったため40歳手前で水泳を始めました。それで肩こりは完全に治り、腰痛もほぼなくなって、ちょっと高かったコレステロール値も正常になり、本当に健康体になったのです。元々筋肉が付きやすい体質で、大会に出場したら良いタイムが出て、もう嵌ってしまいました。昨年は初めて海の大会にも出場し、ランが得意な友達と組んでアクアスロンリレーにも出場しました(どちらも金メダル)。マスターズの大会も初めて名古屋まで遠征しました。競泳はもう十分にやりつくしたという思いがあるので、これからは健康水泳で十分に満足です。

もう水泳はできないのではないかと思っていましたが、どうやら出来そうな気がしてきました。参考意見どうもありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

こんにちは。

アクアスロンリレー。
恥ずかしいですが始めて聞きました。
娘に話したら、お母さんが泳いでお父さんがランをやれば良い(笑)と言われました。

そう言えば先日泳いでいたら県のトライアスロン大会のジャッジと選手をしている人に一緒にやらないかと誘われました。
見た目が痩せていて地黒なので アスリート向きだと言われました。
勿論、無理無理f^_^;)とお断りしました。
後日主治医に話したら「みゆさん 走るのはちょっと‥ もし走りたいのならば速歩きにしましょうね」と言われました。
先生も学生時代は駅伝の選手だったそうで、今の私を見て走れる筈ないよな。と思っているみたいです。転ぶのはすっかり日常です。

CK5000とか1000超えの人も居ます。
数値が高くても私の様に動ける人一方で低くても動けない人も同じ筋炎患者でいます。今は120位なので筋破壊をする様な運動には至っていないのだと思います。
握力は若い時は左右35は超えてました。
発病少し前当時中2の息子に腕相撲も楽勝してましたが今は全くダメです。

ドルフィンさんもいずれ腕も少しずつ上がる様になりますよ。
私はバッタのストロークが完全に引きずる様になっています。もう仕方がないですね。

ではでは。

mickさん、みゆさん、お早うございます。

お二人のコメントを読んで思ったことは、前回悪化したのは動きすぎが原因ではなく、ステロイドの減量が速すぎたため。今のように安静にしすぎているのは決して良いことではないということです。これからは今のステロイドと免疫抑制剤の用量に合せて出来るだけ活動するようにします。今は犬の散歩も主人と子供に任せていますが、今日の夕方から挑戦してみようかと思います。途中で転んだとき一人で立ち上がれないのでそれが恐ろしいのですが。

ミオパチーについて1つ疑問に思ったことがあります。ミオパチーは可逆性とどこかで読んだ記憶がありますが、だとすればいつでもステロイドを減量すれば治るのだから、急いでステロイドを減量する必要はないのでしょうか?それともやはりできるだけミオパチーの状態は短期間で終わらせた方が良いのでしょうか?

私は水泳をしていた時から大食いで、タンパク質でも炭水化物でもビタミンでも十分に摂取しています。摂りすぎなくらいですが、一応体重はkeepしています。入院中、筋肉がげっそり落ちてしまった私を見てかわいそうに思ったのか「アミノ酸を筋炎患者の薬として認めてくれないかという運動があるんだよね」と医師が教えてくれたため、入院中から、水泳前に必ず飲んでいたアミノバイタルというものを毎日3包ずつ飲んでいます。効いているのかどうか分かりませんが、良いと言われるものは取り入れていきたいと思います。

mickさんのレシピも参考にしています。高野豆腐など買ったことがありませんでしたが(頂いたことはあります)、初めて自分で買って料理しました。胸肉も料理方法によってはパサパサ感がなくなり美味しくいただけますよね。まさにボディービルダー向けの食事ですね。かつてボディービルに出ればと言われたのが懐かしく思い出されます。普通の食事をしていたのに、そんな体だったのです。

今年は大掃除をできる身体でもなく、仕事も辞めてしまったので、年末だというのにたっぷり時間があります。暇な私のつぶやくにおつきあいいただいて本当にありがとうございました。

こんにちは。

久しぶりに風邪をひいた様です。
ステロイドが多かった時を含めて毎冬乗り超えてきましたがどうも気が緩んでしまっているみたいです。

ステロイドの減量や増量のペースは本来主治医が決めるものだと思います。
ミックさんの場合は少しレアなケースです。

多分免疫抑制剤の力を借りながら少しずつ減量になっていくでしょう。
まだ発病から時間が浅いので維持量には達してないと思いますがどうか焦らずにコマを進めて行って下さい。薬や体調に関する事は主治医に遠慮をしないで聞いてみるとよいです。
外来のペースはどれ位ですか?
私は5−6週間おきで薬や体調によっては更に感覚が縮まります。


アミノ酸の話はつい先日の膠原病の医療講演会で話を聞いたばかりです。
講演の内容から察して初発の患者さんを対象に実験(言い方が悪いけど数少ない難病患者である私たちはその対象でもあります)して行く予定と理解しました。
私の知る範囲では始めてのお話ですので今後の進捗状況を教えてくださいね。

大掃除。埃では死なないと言う方もいますからご家族に任せておけば良いですよ。

ワンちゃんのお散歩もゆっくりと踏みしめてして下さい。
何故か爪先から歩道や段差に引っかかる様に転倒します。
気持ちは若くても身体は後期高齢者以上に衰えてしまったと最近は思っています。

こんにちは。

みゆさん、風邪をひいたみたいということですが、その後どのような調子でしょうか。今まで毎冬風邪もひかなかったということは素晴らしいことです。入院中の私の観察によれば、膠原病患者さんは、私のように薬の調整で入院するか(長期入院)、高熱を出して抗生剤治療のために入院する(短期入院)かのどちらかだったように思います。重症化しないで治ると良いですね。

アミノバイタルが今の病気に効いているかどうかは分かりません。しかし水泳の練習前や大会でレース前に飲んだ時には、確かに疲れが少なくて済みました。カロリーも1包12kcalなので太る心配もありません。私は一番安いアミノバイタル(30包入りで税抜き1980円)を飲んでいますが、アミノ酸の量が多い値段の高いものもあります。

私はCKが多分普通人の半分の値しか出ないのではないかと思います。ですから先生が状態が良いと判断して減量を早めたのだと思います。今では先生も私のCKは低く出ると認識してくれていますが、まだ認識が足りないように感じているので、今度の検査日(4週間おきです)には朝から身体を動かして少しCKを上げた状態にして病院に行こうと思います。

ネオーラルを追加してから、口角が切れたり、歯茎が腫れたり、喉が最初は左、次に右が痛くなったりと次から次に副作用と思われるものが現れました。しかしそれぞれ2週間程度続いた後、いつのまにか治りました。今は右の喉が痛いだけです。しかしこの喉の痛みは、唾を飲み込むだけで痛い程ひどいもので、ネオーラルを飲んでいる間中これがずっと続くとしたら、美味しいものも美味しく食べられないと悲しくなっていたのです。副作用もずっと続くものもあれば、治るものもあるのですね。

mickさんと同様私もコレステロール値が高く、これに対してはアーモンド(1日10粒程度)とアボガド(1週間で半分)で対応しています。入院中はこれができませんでしたが、退院してから忘れない限りこれらを食べるようにしています。今度の検査結果にどのように表れるか楽しみです。

昨日はやはり一人では心配だったため、子供と一緒に犬の散歩に行ってきました。我が家はこの辺では一番高いところにあるため、「行きはよいよい帰りは恐い」状態です。帰りの足の重いことといったら。ホントに後期高齢者以上の衰えです。でも疲れたら休んでまた進むという調子で、何とか家に辿り着きました。まだ一人では不安ですが、毎日続けていれば、いつか足も慣れてくることでしょう。今日はユニクロなどをウロウロしてきました。

mickさんは本当に健常者と同じ生活をしていらっしゃって、頭が下がります。病気についてもよく勉強なさっていて、なんでも突き詰めるタイプの方と想像します。このプログからは私も色々な知識を得ることができました。実際に病気を体験していない医師よりも、同じ病気を体験している同病者の方が私のことをよく分かってくれるという思いはあります。このプログからは元気ももらえました。家に閉じこもっているのではなく、もっと外に出て良いのだと応援してもらえました。ありがとうございます。

こんばんは。

クリスマスもあっという間に終わりお正月まであと一週間切りましたね。

ミックさん、仕事納めということで一年間お疲れ様でした。
ウエストもシェイプされてきたようで早く69センチに戻れますように。

ドルフィンさん。
アミノバイタルはアスリートにはやはり必要なサプリメントなんですね。クラブでも販売されていたと思いますが今まであまり気にした事がありませんでした。

病気になってから動くと即筋肉痛になってしまいます。
例えば日傘やスマホを持てば握っていた手の掌が痛くなります。
こんな症状も少しは緩和できるのなら私も一番安いブツ(笑)を飲んでみようかな?今度ブランド名を教えて下さい。

お子様と一緒にワンちゃんのお散歩に行けるようになり良かったですね。ユニクロは何処も人が多いので疲れませんでしたか?

先日も友達三人とランチをしたあとにモールの中のお店巡りをしましたが他の二人は楽しそうに品定めをしているのに私は立っているのが辛くなってしまい、ちょっとメールの返信をしてくるから。と近くのベンチで休憩をしました。
自分では元気になったつもりですが 元のような動きをするのはやっぱり無理なんだなと思っています。
プールもその場凌ぎで泳いでしまうことはありますがあとからどーっと疲れるので、ゆるゆるに楽しんでます。

風邪は侮れませんね。
娘から貰ったんてすが 彼女は2日で全快しても私は長引きそうなきがします。発熱していないのが幸いですが咳き込むとエネルギーを吸いとられてしまう感じです。

今年はお天気が変なので皆さんも風邪やインフルエンザにはお気をつけ下さいね。

では。(/_;)/~~

あーそれなんだ。サーバーのメンテナンスやっていてアクセスできないのかと。最初iPadでダメで時間をおいてネクサス7でアクセスできましたよ。

そうそう Ckの検査前は少なくとも前日か2日前位まての動きに影響が出ると思います。すこしでも低い数値にしたければ数日は静かに過ごすほうがよいかと。私も二年前一時的に500を超えたときはステロイドの増量になると嫌なので一週間良い子にしてました。
結果オーライてした。

アボカド私も大好き。スモークサーモンとクチリが合いますね。
一人て一個食べられます。
アーモンドと胡桃も大好き。
コストコで大袋買ってボリボリ食べてたけど最近価格が高騰してきたので控えめにたべています。いずれも糖質もあまり高くなく私の中ではベスト食材の一つです。

といいながらクリスマスなのでチョコレートとお酒とクリームたっぷりのザッハトルテ風ケーキをやきました。
詳しくは クックパッドにレシピをアップしたので 「バターなし チョコレートケーキ」で検索てききるのでお暇なときにご覧くたさいませ。

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜