多発性筋炎(再発後の経過165)

| コメント(2) | トラックバック(0)


プレドニン3.5錠(17.5mg)の隔日(18.75mg)を3.5錠(17.5mg)に減量してして327日目、下がっていた抗核抗体の行方はどうなった?


5/01 の採血結果
(2011/02/25 再燃して212週間)
6/08から3.5錠(17.5mg)に減量してして327日目の結果です。


採血データを見るにはAdobe Readerが必要です。表示されない場合はこちらから入手できます。


採血データを管理されたい方、この採血データ表で良ければこちらからダウンロード出来ます。


CK値(68.0→56.0)、ミオグロビン(77.6→65.2)、CK、ミオグロビン共に横這いで、3,4,5月と3ヶ月間安定した状態を保っています。


体の調子も、アミノ酸を服用して以来好調を保っているのが良いですね。仕事で足が疲れ、何時もであれば「足が痙る!」と言う感覚に成っても、今は一歩手前で治まり痙ることも無く過ごせています。


CK:56.0も1年8ヶ月ぶりの数値で、こんな数字があることすら忘れかけていました。年々歳を取る度に、自分の歳以下の数字はこの世に存在しない物だと。。。(笑)


この調子でいくと、後はステの減量のタイミングですね。


ただステ減量のバロメーターとしている抗核抗体が、下がろうとしてまた戻ってしまうと言った状態が続き、ステ減量を足踏み状態にしている。


CKもかなり下がって来たことも有り、抗核抗体もその内に何某の動きが出てくるであろうと期待しています。


今のところ、体調も好調を維持していることですし、焦らずにジックリやって行きます。ここまで来て一から出直すことだけは避けたいですからね。


人から見ると、私のステ17.5mgは多いと感じる方が大半だと思いますが、当人からすると、長い間服用してきて何ら具合が悪いところも無く好調を維持しているので、私にとって17.5mgは普通だと考えています。


と言っても、勿論このままで良いとは思っていません。過去に10mgの実績がある以上、時間を掛けてでもあと5mg減の12.5mgまではもって行くつもりです。後は欲との戦いかな?


それよりも、ストレスを溜めないよう気をつけることですね。


そう! ゴールデンウィークが終わり、皆様方が仕事に復帰される中、これから私のゴールデンウィークが始まるのです。


これから一気に暑くなっていきます。梅雨時はカビないように、そして夏は腐らないように、道端で溶けないように、毎年言っていることですが自分にも言い聞かせる為に、今年も又体調管理を宜敷お願い致します。





入院時に於ける検査項目や検査状況はこちらを参考にして下さい。


プレドニンの量に対する症状の変化

(免疫抑制剤を併用している方や個人差によって若干違って来るので参考まで)


ステロイドミオパチー

ステロイドミオパチーの終わりは、私の場合12.5mgまでの様です。一般的な目安は、10mg程度では無いかと思います。


ステロイドの事をもっと詳しく知りたい方は『ステロイドの体内での働き』を参照して下さい。


仕事を終えたステロイドの行く末を知りたい方は『ステロイドは、本当に蓄積されているの?』を参照して下さい。





「抗核抗体、残念だね。」と思った方はクリック!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ
にほんブログ村 病気ブログ 強皮症・皮膚筋炎・多発性筋炎へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4404

コメント(2)

こんにちは。

連休スタートのmickさん
何処かに消えてますか?
お天気が良いのでドライブが楽しそうですね。

CK値 く自分の年齢 ナイスです。

比較的安定している私でもそんなに低い数値はなかった様な。
つまり若いと言っている様なものです。
因みに今回は80台でした。前回は140位( だんだんいい加減になってくる)なので十分です。

抗核抗体は随分前に調べました。
基準値よりは高かったですがそれっきりです。

このところ必要に迫られて mickさんの自作PCの方(自作しないですが)を読ませていただいていました。

本当はこっちが本業だったのよね。
すっかり ミオグロビンとCKとプレドニンとそれからアミノ酸の人のつもりでカキコしてました。

本業の記事も素人にも分かり易いのでたまにはアップしてくださいね。
楽しみにしている人も多いはず。
私的にはnexus7の使いこなし方とか‥、(笑)

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links