長浜城跡(滋賀)

| コメント(0) | トラックバック(0)


北陸自動車道長浜ICの西側琵琶湖湖畔に位置し、秀吉が初めて自らの城を築き城下町を形成した地です。


別名   : 今浜城
築城   : 天正元年(元亀4年(1573年))
築城主  : 羽柴秀吉(豊臣秀吉)
主な城主 : 羽柴氏、柴田氏、山内氏(一豊系)、内藤氏(信成系)
主な改修者: 伊部町組(現在の元浜町)大工 藤岡一門
城郭構造 : 梯郭式平山城
天守構造 : 不明(鉄筋コンクリート造模擬)
遺構   : 石垣、堀
再建造物 : 模擬天守(昭和58年(1983年))
廃城年  : 慶長20年(1615年)
指定文化財: 市指定史跡



長浜城跡周辺は豊(ほう)公園として整備されており、訪れる人々の憩いの場と成っています。


豊(ほう)公園











織田信長が浅井長政(信長の妹、お市の夫)の居城、小谷城(おだにじょう)を攻めたときの、横山城を守る木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)の活躍と小谷城が落城する直前にお市と三人の娘を救出したことは有名ですね。


長浜城(模擬天守)





藤吉郎は戦功により与えられた浅井氏の領地に、 羽柴秀吉(はしばひでよし)と名を変え自らの城を築き小谷城から移り住んだ。


長浜城(模擬天守)





天正3年、地名を信長の一文字を拝領し、今浜から「長浜(ながはま)」に改めた。








もっと画像を見る。





「行って見たい!」と思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4410

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜