自作PC 10号機

| コメント(0) | トラックバック(0)


10号機、3年ぶりの自作です。パーツも揃ったので、早速組み立てに着手いたします。


マザーボードにCPUを取り付ける。

・CPUのセットカバーのアームロック外し、セットカバーを持ち上げる。








・ソケットカバーを、ピンを曲げないようにゆっくり焦らずに取り外す。








・CPUの1番位置とマザーボードの1番ピン位置を間違えないようにセットする。








・セットが終わったら、CPUのセットカバーをゆっくりと下げ、押さえアームをロックに掛ける。








CPUFANの取り付けをする。

・放熱用のシリコングリスを塗布する。CPUと冷却板の隙間を埋めるのが目的なので、グリスは塗りすぎないようにして下さい。熱によりタレて落ちる場合が有ります。








メモリーを取り付ける。
デュアルコアで使用する場合は、同色のソケットに同型のメモリーを取り付けて下さい。ただしメーカーに依って違いがありますので、取説を良く確認して下さい。
GA-H97M-D3H01(ギガバイト)の場合は、2個取り付けの場合(色違い)と、4個取り付けの場合(同色)とは違いがありますので要注意です。








マザーボードのバックパネルを取り付け。








マザーボードの取り付け。

・マザーボードに合わせて、高足ナットをセットする。
・高足ナットでプリント配線を傷つけないように取り付けて下さい。








フロントパネルの配線と
光学ドライブ、カードリーダーなどのパーツの取り付け。








SSD、HDDの取り付け。今回はSSD(Cドライブ) HDD500GB(Dドライブ) HDD(1TB)をデータの保存専用に導入しています。







ATX電源の取り付けとマザーボードの配線。
SSD、光学ドライブ、リムーバブルケース、カードリーダーの配線。

・マザーボードに依って4P、6P(黄・黒線)のプラグは、極性が逆に成っている物も有りますので、取説を確認してプラグの選択をして下さい。
・+12V 電源は、バランス良く振り分けて一つの配線に負荷が掛からないようにします。
・結束バンド等で、配線を整理してファンなどに触れないように処理します。。








設置そのものはこれで終了です。


注意事項、ポイントに付いては自作PC 6号機に掲載していますので参考にして下さい。





そしてOSをインストールして完成です。








「自作してみたいな!」と思った方はクリック
そうでない方も、ついでにクリック


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4422

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜