多発性筋炎(再発後の経過176)

| コメント(8) | トラックバック(0)


プレドニン3.5錠(17.5mg)の隔日(18.75mg)を3.5錠(17.5mg)に減量してして502日目、低く成ったCKが体に及ぼす影響は?


11/02 の採血結果
(2011/02/25 再燃して239週間)
6/08から3.5錠(17.5mg)に減量してして502日目の結果です。


採血データを見るにはAdobe Readerが必要です。表示されない場合はこちらから入手できます。


採血データを管理されたい方、この採血データ表で良ければこちらからダウンロード出来ます。


CK値(38.0→38.0)、ミオグロビン67.4→63.2)、約1ヶ月正常値範囲を下回っていたCK、今回も前回同様38.0と低い数値を示していた。そしてミオグロビンもほぼ横並び。


一見CKが低いと良いように感じる方が多いと思いますが、CKは筋肉を使っていなと当然の如く低く成ってくる。


この病気は、適度に動いて筋肉を使わないと、段々筋肉と筋が萎縮して動かなくなってしまうことは、以前から申し上げている通りです。


この萎縮して動きが悪く成っていた筋肉を、仕事ととは言え一気に使ったことが、結果、左大腿部の痛みにつながったのだと言っても良いでしょう。


しかも筋の萎縮は、筋の痛みだけで無く関節の痛みにも大きく関わってきます。


筋が萎縮することによって、何時も接していない関節の部分に常時力が掛かる事で痛みが出てきます。この場合、少し引っかかった感じで「ボキッ・ボキッ!」と成る事が多々出てきます。時には痛みを伴う場合もあります。


この場合は無理な動きをせずに、痛みが治まるまでは筋を伸ばしてやる程度のストレッチをすることです。そして痛みが治まってから、初めて動き回るようにした方が回復は早いようですね。


私の場合は、ステロイドの量が多いと言う事も否定出来ませんが、ここは敢えて痛みを我慢してでも、暫くこのまま続行する構えです。(こんな選択技、大学病院では許して貰えない選択でしょうね。)


抗核抗体が1280→640に成る時より640→320に成る時の方が幅が狭いので、少しでも短い期間で320迄下がってくれるのでは無いかと言うささやかな期待からですけどね。


それよりも、CKが下がり過ぎないように動かないといけないな。


それもだけど、総コレステロール:259に中性脂肪:268は高すぎだね、うっかり油断してしまってた。


浮かれすぎ? 何に浮かれてたんだ? 解らん!


チョッピリ反省しつつ、頑張ります。




入院時に於ける検査項目や検査状況はこちらを参考にして下さい。


プレドニンの量に対する症状の変化

(免疫抑制剤を併用している方や個人差によって若干違って来るので参考まで)


ステロイドミオパチー

ステロイドミオパチーの終わりは、私の場合12.5mgまでの様です。一般的な目安は、10mg程度では無いかと思います。


ステロイドの事をもっと詳しく知りたい方は『ステロイドの体内での働き』を参照して下さい。


仕事を終えたステロイドの行く末を知りたい方は『ステロイドは、本当に蓄積されているの?』を参照して下さい。


アミノ酸の効果をもっと詳しく知りたい方は"こちら"を参照して下さい。





「CKは下がれば良いものでは無いんだ。」と思った方はクリック!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ
にほんブログ村 病気ブログ 強皮症・皮膚筋炎・多発性筋炎へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4432

コメント(8)

やりました。ついにプレ10 mgです(免疫抑制剤は変わらず)。

昨日も1500メートル泳いでしまい、CKはいつもの倍の80でしたが、全体的に良い数値でした。前回測った抗核抗体は80で数か月前の測定値と同じでした。

これからは健康水泳としていましたが、タイムも気になり昨日測ってみたところ、病気前のタイムにかなり近づいていました。驚きです。ここまで回復するとは。

また病気になる前にも、もちろん病気になってからも足首がかなり冷えて、この季節には足首ウォーマーが離せなかったのですが、今年はその必要なしです。血液の循環が良くなったのを感じます。前よりも良くなったところもあるなんて、信じられません。

この調子が続きますように。皆様もお大事にしてください。

ドルフィン

皆さん元気に病人してますか?

私は、先々週インフルエンザ予防接種してから、体調崩し、風邪ひいて風邪薬のまずに、免疫抑制剤飲んでいるので、トコトン迄いってしまい、やっと今日辺りから動いてます。
思わず炎症を抑えるステロイド増やしてしまおうと迷いましたが、五ミリのままで我慢しました。

しかし久々に酷い風邪で、インフルエンザのようでした。
2週間かかりましたが、自力で治してみました。

寒くなり、気候も微妙なこの季節は特に注意しましょう。

こんにちは。

今日は1日過ごしやすいお天気でした。

mickさん今後の抗核抗体の動きが気になりますね。
納得がいく数値になりますように。

ドルフィンさん、プレドニン10mg、良かったですね。
健康水泳から競泳への日もちかそうですね。

きっちょんさん、予防接種後の風邪症状たいへんでしたね。
でも自力で治せたとは素晴らしいです。
体力も気力もきっと前よりもついたのでしょう。

私は今年は接種は見送りました。理由はありませんが単に忘れてました。
水泳は大体日に2000位は泳いでいます。
あちこち痛かったり不自由も多少はありますがどうにかこうにか、
お酒も美味しくのめています。

朝晩の冷え込みが一層厳しくなってまいりました。
皆様もどうぞご自愛くださいませ。

朝晩すっかり寒くなりました。

膠原病患者は熱が出たら入院と思っていましたが、自力で直してしまうとは。きっちょんさんすごいです。真似していいものやら...。私には自信がありません。

みゆさんもちょっと前のコメントではあまり調子が良さそうでないとあったような気がしましたが、それでも2000メートル泳いでいるのですか。すごいですね。私の病気前のときと同じじゃないですか。

私も毎日お酒を飲めるくらい肝臓の調子が良いのですが、体重が増えてしまい、お酒は少し控えるようにしています。運動をするととてもお腹が減り、爆食いしてしまいます。ついに病気になる前の体重に戻ってしまいました。6キロ減っていたのに!それが私の身長からするとベストの体重だったのに。あのスマートの脚でいられたのはほんの一瞬でした。

これ以上体重を増やしてはなりません。自分に厳しくしなければ。

身体が動かせるようになった今年は大掃除もできそうです。今日から少しずつやろうかな。たっぷり時間があるから少しずつです。

ドルフィン

こんにちはー

みゆさん、ドルフィンさん、とんでもないです。
もうなおるはずの風邪、まだ治らなくて
ずっと家にこもりっばなしです。
熱はないのですが、咳がとまらず酷いものです。
やっぱり免疫抑制剤飲んでるので、自力で治すのは難しい
ですが、ビール飲みながら戦っています。
体重は食事制限(最近は余りできてませんが、)
で、5〜6キロは直ぐに変動しますが、
この病気には、チーズみたいな高タンパク、高カロリーが良いとも言われているので、果たしてステロイドのせいか否かどっちもどっちですよね。

ミックさんの脂肪が、電話帳なら、私のは地球儀とでもいいましょうか?もう余り気にしないように、体型を隠す服装で
いくぜ!

風邪ひいてる今でも、毎日ビールがとまりません、美味しくって。
もしかして、違う病気かも...

早く風邪治して仕事に行きたいです。


きっちょん

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜