多発性筋炎(再発後の経過192)

| コメント(2) | トラックバック(0)


プレドニン3.5錠(17.5mg)を3.0錠(15.0mg)に減量してして9日目、減量して日が浅いのでCK、ミオグロビンの数値は参考程度でしょう。


7/02 の採血結果
(2011/02/25 再燃して272週間)
6/24から3.0錠(15.0mg)に減量してして9日目の結果です。


採血データを見るにはAdobe Readerが必要です。表示されない場合はこちらから入手できます。


採血データを管理されたい方、この採血データ表で良ければこちらからダウンロード出来ます。


CK値(65.0→100.0)、ミオグロビン(73.5→55.0)、CKは多少上昇しているが、ミオグロビンは落ち着いているようです。


現在は左大腿部の付け根の筋の痛みはやや解消されつつ有りますが、左膝半月板の外下側と右膝半月板外下側の左右対称に痛みが有り、これが歩行に影響が出てきている状態です。


特に筋力の落ちている左膝は最悪な状態に成ってきているようです。


ただ、先日より増量したアミノ酸の効果が出てきたのか、左大腿部の付け根の筋の痛みが解消されつつあるのと、右大腿部の付け根の筋の痛みが現状のまま止まっているのが幸いです。


しかし、今後どう成っていくのかは未知の世界ですね。それが筋炎のふてぶてしい所じゃ無いでしょうか。


関節は、周りの筋力が落ちてくると強い方に引っ張られる為に、関節の当たる部分が変わり痛みが生じてきたり、足を浮かしているだけでも足の重みで関節が開き気味に成り痛みを生じたりします。


正に今、その状態に有るようですね。


特に筋炎の場合には、筋が萎縮してくるので日毎に痛み方が違っています。


困ったものです。ですが…


今はこれも体の一部として迎入れているので、それなりにやっています。



しかし、これまでにも何度となく言ってきましたが、体感と数値とは全く別物ですね。これだけあちこちに痛みが出ているにも関わらず、なんと問題視していた抗核抗体が1280→640に下がっているでは有りませんか。


これは私にとって嬉しい誤算と言う事でしょうかね。


このままの数値で落ち着いてくれれば良いのですが、筋炎はやんちゃな生き物でじっとしていてくれませんから、一時的な喜びと言う事で今回はスルーしておきます。



ステロイドの減量に付きものの倦怠感が、今回は2.5mgと言う事であまり感じていません。5.0mgの減量の時には毎回感じていたのですが、倦怠感が無いってやっぱり良いですね。


今後も、最悪この状態を維持出来て減量して行けたら申し分ないのですが。神頼みでもしますか…ね。


まんまんあっ!


なんか違うな〜





入院時に於ける検査項目や検査状況はこちらを参考にして下さい。


プレドニンの量に対する症状の変化

(免疫抑制剤を併用している方や個人差によって若干違って来るので参考まで)


ステロイドミオパチー

ステロイドミオパチーの終わりは、私の場合12.5mgまでの様です。一般的な目安は、10mg程度では無いかと思います。


ステロイドの事をもっと詳しく知りたい方は『ステロイドの体内での働き』を参照して下さい。


仕事を終えたステロイドの行く末を知りたい方は『ステロイドは、本当に蓄積されているの?』を参照して下さい。


アミノ酸の効果をもっと詳しく知りたい方は"こちら"を参照して下さい。





「その調子で頑張れ。」と思った方はクリック!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ
にほんブログ村 病気ブログ 強皮症・皮膚筋炎・多発性筋炎へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4448

コメント(2)

お早うございます。って、こんばんわかしら?

ミック先生、CK段々上昇してますし、体が痛いが、心配です。
暑さと激務が影響しているんですね。

わたくしは、気がつけばもう1ヶ月仕事休んでます。
体痛いし、目眩するし、落ち込むし、エアコンの部屋からでられず、毎日、ワイドショー、サスペンス、にはまってます。
こんなんじゃいけないけど、会社行く元気がわきません


だから、ミックサンはすげー

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜