多発性筋炎(再発後の経過193)

| コメント(4) | トラックバック(0)


プレドニン3.5錠(17.5mg)を3.0錠(15.0mg)に減量してして23日目、まだまだ減量してからの影響はCK、ミオグロビンには出ないでしょう。


7/16 の採血結果
(2011/02/25 再燃して274週間)
6/24から3.0錠(15.0mg)に減量してして23日目の結果です。


採血データを見るにはAdobe Readerが必要です。表示されない場合はこちらから入手できます。


採血データを管理されたい方、この採血データ表で良ければこちらからダウンロード出来ます。


CK値(100.0→44.0)、ミオグロビン(55.0→63.7)、上昇していたCKは、ステを減量してからの日も浅いしステの減量とは関係ないと言っても良いでしょう。ミオグロビンも多少上昇しているが、何ら問題ない状態ですね。


ただ左大腿部の付け根の筋の痛みと左膝半月板の外下側の痛みで筋力アップが出来ずに、右足に比べて左足の筋肉が大分削がれて細く成ったようです。触って直ぐに解ると言う事は、かなり筋肉が落ちたのでしょうね。


関節を支えている筋肉が削がれてくると、当然膝やその他の関節にも痛みが出てくるでしょう。筋肉が有るから均等な力で関節が正常な位置で固定されている。筋肉が無くなると関節が正常な位置で固定されなくなる、当然関節に痛みが出る事に成る訳ですね。


正に私の膝がその状態だと言って良いでしょう。


この状態で、今年最大のハードな5連ちゃんの仕事を熟してきました。


蒸し暑い現場で、水分を取っても取っても汗で出て行くような過酷な現場です。水分を取っているにも関わらず、日中一度もトイレに行かない日が3日も有った様な状態でした。


しかし、この暑さが固まった筋に功を奏したのか、3日目からは左足のみにあらず両足共に痛みが少なくて幸いしたようです。でも筋炎患者がするような仕事じゃ無いよね。


先日より増量したアミノ酸の効果も有るのかもしれませんが、何より心配していた5連ちゃんを無事終えたことが嬉しいです。


しかも少し両足が楽に成ったおまけ付きでしたからね。良かった…です。



私の場合、退院してから一度も骨塩定量を測定していませんでしたが、今回コメントを頂いている「みゆさん」からの助言で骨塩定量を測定する事に致しました。


整形外科の分野なので、内科では殆どする事は無く事前に準備が必要だそうです。先生に申し入れたら、快く検査を承諾して下さいました。


今回測定したのは骨塩定量DIP方式で、現在最も普及しているRA法の一種で手のX線フィルムを解析する方式です。





DIP値=ΣGS(骨髄幅)/D(骨幅)mmAI





結果的には2.86mmAIと同年齢(60〜64)からする2.939±0.311と97%と平均より下回っていますが、本来骨太の体質ですからこの数値が正なのかどうか疑問も残ります。ただし許容範囲内には収まっているようです。





骨型ALP(BAP):骨芽細胞の機能状態

13.3μg/L (M基準:3.7〜20.9μg/L)


血清NTX:破骨細胞による骨吸収

13.6nMBCE/L (M40〜59歳 : 9.5〜17.7nMBCE/L)


と言うところで、長期に渡ってこれだけのステロイドを服用しているにも関わらず今のところ問題ないようですが、13.6nMBCE/Lは骨量減少高リスク指標の上限のようですね。


ただ参考基準からすると基準値内には収まっているようです。


驚くところはYAM(Young)(Adult)(Mean)値96%と言うところです。


「若年成人平均値」の96%はステロイド治療をしている事を考慮しても、61歳と言う年齢を考えても立派なものだと思います。


これを期に、半年を目途に検査を続けることに成りましたので、今回のデータが基準と成り、本当の骨塩定量の数値が明らかに成っていく事でしょう。





入院時に於ける検査項目や検査状況はこちらを参考にして下さい。


プレドニンの量に対する症状の変化

(免疫抑制剤を併用している方や個人差によって若干違って来るので参考まで)


ステロイドミオパチー

ステロイドミオパチーの終わりは、私の場合12.5mgまでの様です。一般的な目安は、10mg程度では無いかと思います。


ステロイドの事をもっと詳しく知りたい方は『ステロイドの体内での働き』を参照して下さい。


仕事を終えたステロイドの行く末を知りたい方は『ステロイドは、本当に蓄積されているの?』を参照して下さい。


アミノ酸の効果をもっと詳しく知りたい方は"こちら"を参照して下さい。





「骨も頑張ってるな!」と思った方はクリック!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ
にほんブログ村 病気ブログ 強皮症・皮膚筋炎・多発性筋炎へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4449

コメント(4)

お早うございます。

私も骨そしょう対策の薬ホォサマック処方されてますが、
ナンセ、毎週一回起床時飲み30分横になれず、何も食べたりしてはいかんし、面倒くさいので、勝手に飲まずにいたんですが、昨日の外来で、1ヶ月に一回、べネットと言う薬に変えてもらいました。
私の場合、ステロイド使用量半端ないので、仕方ないす。

暑すぎて手足に蕁麻疹がでてますが、アレグラと、ステロイド軟膏で何とか踏ん張ってます。

皆さん溶けないようにしてくださいね。

こんにちは

少しご無沙汰しておりました。

お盆休み 皆様いかがお過ごしですか?

私は本日が外来でした。
CKは62です。
肝機能も問題なし。
コレステロール値も 善玉が今回も140でした。
高すぎるのもどうなんでしょうね。
長生き体質とか言われる様ですが。

先日 私も骨の検査をしました。
ざっくりと結果を。
若い人の99%、同世代の110%でした。
なかなかよい数字かなと思っております。

関東はこれから台風でお天気が悪くなりそうです。
早く帰らなくては。

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜