多発性筋炎(再発後の経過194)

| コメント(4) | トラックバック(0)


プレドニン3.5錠(17.5mg)を3.0錠(15.0mg)に減量してして39日目、そろそろ減量の影響がCK、ミオグロビンに出てくる時期だが結果は?


8/01 の採血結果
(2011/02/25 再燃して276週間)
6/24から3.0錠(15.0mg)に減量してして39日目の結果です。


採血データを見るにはAdobe Readerが必要です。表示されない場合はこちらから入手できます。


採血データを管理されたい方、この採血データ表で良ければこちらからダウンロード出来ます。


CK値(44.0→59.0)、ミオグロビン(63.7→56.4)、CKが多少上昇しているが通常の推移レベルですね。プレドニンを2.5mg減量してから39日目、減量の影響が出るので有ればそろそろ数値として表れてくる頃ですが、今のところ問題なく減量が出来いるようです。


17.5mgからの2.5mgですから、CK、ミオグロビンにはそれ程の影響が有るとは思っていませんでしたが、抗核抗体に付いては多少心配している部分でした。


蓋を開けたら640と前回同様だったので、正直一安心と言った所です。


ただ数値とは裏腹に、体調が思わしくないのは何故でしょうね。皆さんも感じて居られることでしょうけど、困ったものです。


左大腿部のの痛みは付け根から膝までの間、至る所が痛み出して少々辛いですね。それも日によって痛む場所、痛む度合いなどいろいろ変わって対処出来ないのが現状です。


最近は、右膝にもその兆候が見え隠れして、この先の不安材料が増えた感じが致します。


人に合わせて歩くのも大変なんですが、今は階段の上り下りが一番辛いかな。でも、何とか成るものですよ。痛くても動けている間は…ね。


健常者の頃、辛い仕事は嫌だなと度々思うことも有りましたが、今は動けることが嬉しいので嫌だと思うとこが少なく成ったような気が致します。


人は、置かれた立場が変わるとここまで変わるのかとつくづく思います。


これから先も、動ける間は公私ともにガンガンとやっていきたいですね。


何時も偉そうに言ってますが"動けない"で無くて少しでも動く努力をする事だと思っています。そして外へ外へと出て行くことが結果、体力維持にも繋がる最良のリハビリだと思っています。


まず体力の衰えは足からだと感じています。いま私がその状況下に既に居ます。


以前は感じなかった様な坂道でも、今は息切れはするは足は直ぐに怠く成るはで、体力の低下と言うより筋力の低下をヒシヒシと感じています。


筋炎で筋力の低下は最悪です。だから少しでも筋力を維持出来るように、これからも頑張って"まぐろ"の如く動き続けようと思っています。




入院時に於ける検査項目や検査状況はこちらを参考にして下さい。


プレドニンの量に対する症状の変化

(免疫抑制剤を併用している方や個人差によって若干違って来るので参考まで)


ステロイドミオパチー

ステロイドミオパチーの終わりは、私の場合12.5mgまでの様です。一般的な目安は、10mg程度では無いかと思います。


ステロイドの事をもっと詳しく知りたい方は『ステロイドの体内での働き』を参照して下さい。


仕事を終えたステロイドの行く末を知りたい方は『ステロイドは、本当に蓄積されているの?』を参照して下さい。


アミノ酸の効果をもっと詳しく知りたい方は"こちら"を参照して下さい。





「順調で何より。」と思った方はクリック!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ
にほんブログ村 病気ブログ 強皮症・皮膚筋炎・多発性筋炎へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4450

コメント(4)

お早うございます。
関西地方は台風です。

人に合わせて歩く、階段の登り降り、そうです、私の場合、日によって違いは有るものの、大変難しいです。
特に歩く速さも遅くなってます。
ミックさんは、重たい道具背負ってハシゴの登り降りだから、想像しただけでも、つらいでしょうね。
私は事務所で事務仕事だけで、通勤が辛いなんて言っていられませんね。

がんばります。

こんにちは。

こちらは昨日台風の影響をあまり受けず、本日は晴天です。

お二人ともお仕事に励んでおられますか?

健常の人に合わせて行動するのが大変なのは私も同じです。
あなたは泳いでいるんだから大丈夫なのでは?と思われそうですが
陸と水中では違います。

特に駅の階段の下りが未だに苦労しています。
他の方の迷惑に成らないように手すり側によりながらヨロヨロと下ります。ふんばりが利かずそのまま転げ落ちてしまう気がします。

考えてみたら発病の数年前から駅の階段を下りるスピードがどんどん遅くなってきておりました。
後ろから下りてくる人に次から次へと抜かされて・・・
病気の始まりだったのかもしれませんね。

今は電車を一つ見送るつもりでのんびりと下るようにしています。
何事も焦らずにゆっくりゆっくり
それで良いと思います。

では。

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜