多発性筋炎(再発後の経過225)

| コメント(2) | トラックバック(0)


プレドニン3.0錠(15.0mg)を2.5錠(12.5mg)との隔日服用から2.5錠(12.5mg)に減量してして205日目、今年初の採血結果です。


1/12 の採血結果
(2011/02/25 再燃して344週間)
4/16から3.0錠(15.0mg)と2.5錠(12.5mg)との隔日服用から2.5錠(12.5mg)に減量してして205日目の結果です。


採血データを見るにはAdobe Readerが必要です。表示されない場合はこちらから入手できます。


採血データを管理されたい方、この採血データ表で良ければこちらからダウンロード出来ます。


CK値(87.0→89.0)、ミオグロビン(56.1→53.8)と、CK、ミオグロビン共に相変わらず安定した状態が続いています。


年内及び年始は仕事が忙しかった為に、12日が新年初めての採血と成りました。


仕事が忙しかったわりにはCK、ミオグロビン共に状態が安定していましたね。


後は、この良い状態を保ったままステロイドの減量までこぎ着けたら申し分ないと思ってます。ここまで我慢してきたのですから… ね。


希望としては3月の血液検査までは何事も無いように願っています。


と言うのは、3月の結果によっては12.5mgと10mgの隔日減量を考えているからです。


いよいよ10mgの壁に向かって…


まぁ〜 期待は半々と言うところです。今まででも期待と希望ことごとく裏切られていますので、今回も又…と言う事もあり得るので希望を持つのも半々ですね。


それよりも右足の痛みが1年半前の左足の状態と同じに成ってしまいました。


後は徐々に症状が進んで行くのでしょうね。


記事を掲載して8年、筋炎としての症状も出尽くしと思われます。


それに、治療法も年々変わってきている事も有り、この辺で記事の更新をお休みしたいと思います。


今後は体調に大きな変化があった時のみ、お役に立ちそうな記事を掲載していきたいと考えています。


また元気にお目にかかれる日を。


ではでは、長い間有り難う御座いました。





入院時に於ける検査項目や検査状況はこちらを参考にして下さい。


プレドニンの量に対する症状の変化

(免疫抑制剤を併用している方や個人差によって若干違って来るので参考まで)


ステロイドミオパチー

ステロイドミオパチーの終わりは、私の場合12.5mgまでの様です。一般的な目安は、10mg程度では無いかと思います。


ステロイドの事をもっと詳しく知りたい方は『ステロイドの体内での働き』を参照して下さい。


仕事を終えたステロイドの行く末を知りたい方は『ステロイドは、本当に蓄積されているの?』を参照して下さい。


アミノ酸の効果をもっと詳しく知りたい方は"こちら"を参照して下さい。





「今年も一年頑張るぞ。」と思った方はクリック!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ
にほんブログ村 病気ブログ 強皮症・皮膚筋炎・多発性筋炎へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4508

コメント(2)

こんばんは。
こんな遅い時間のコメント 入院した頃以来かもです。

8年間 近く ブログの更新お疲れ様でした。
私も発病以来 こちらのブログでは沢山お世話になりました。
病気で分からないことがだらけのスタートでしたが
ミックさんのブログそしてここに訪れた方々のコメントを読んで
色々と参考にさせていただき感謝しています。

お休みは 寂しい様な気がしますが
また 何か面白い記事があったら更新してくださいね。
自作PCの方は私には難しいので 旅やその他のジャンルで楽しみにしています。

足の痛みが悪化されている様ですが、お仕事 頑張って続けてくださいね。
では。

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links