タグ「MT3.34」が付けられているもの

日本語でないスパムをフィルタする

海外から送信されてくるコメントやトラックバックを使ったスパムが増えました。
そこで、日本語を含まないコメントやトラックバックをスパムとみなしてフィルタリングしたいと思います。
ブログが普及した今日、コメントスパムの方が多くて、振り分け作業も一苦労です。
そこで、IPアドレスでアクセス制限をかけて、「コメントスパマーにBlogを見せない」ようにしよう。

リンクの挿入をより便利に

誰もが感じている同一ブログ内のリンクの簡素化、もっと簡単にしたいものです。

エントリーの関連付け

同一ブログ内、または他のブログ内のエントリーに関連づけを行う。

地図を貼り付ける

投稿した記事に地図が表示されていると、閲覧する側も解りやすく、楽しめると思いませんか?

HTMLエンティティへの変換?U

< を <に置き換える手間な作業を簡素化する。

お天気を表示する。

ホームページに、各地の天気をプルダウンで表示してみる。

HTMLエンティティへの変換

< を <に置き換える手間な作業を簡素化する。

最近のトラックバックを表示する

最近投稿があったトラックバックを、エントリーとともに指定件数だけ表示する。

最近のコメントを表示する

最近投稿があったコメントを、エントリーとともに指定件数だけ表示する。

カテゴリー毎にエントリー数を表示

カテゴリー毎にエントリーされている数を表示したいと思います。

MT3.34を3カラムにする。

サイトを構築していくうちに、2カラムでは無理が出てきたので、3カラムにカスタマイズしたいと思います。

MovableTypeの設置

設置:

ルートパス /myhost/ (http://"あなたのドメイン名/"で表示させる場所)に、cgi-bin と言う名前でフォルダを作ります。

ダウンロードした MT-3_34-ja.zip を解凍し、解凍してできた MT-3_34-ja フォルダの名前を MT に変更します。

フォルダ MT をフォルダ cgi-bin の中に入れます。
(http://"あなたのドメイン名/cgi-bin/MT/") に成るようにして下さい。


初期設定:

フォルダ MT の中にある mt-config.cgi-original と言うファイルを、テキストエディターかメモ帳等で開いて下さい。


15行目にある CGIPath http://www.example.com/cgi-bin/mt/ を






CGIPath http://あなたのドメイン/cgi-bin/mt/ に書き換えて下さい。








28行目から32行目までを書き換えます。






28 ObjectDriver DBI::mysql
29 Database DATABASE_NAME :create database で作成した database 名
30 DBUser user :grant 命令で作成した "user"@localhost 部分
31 DBPassword pass :grant 命令で作成した BY 'pass' WITH 部分
32 #DBHost localhost :# を追加して未使用にします。









35行目から46行目までを書き換えます。







この部分はすべて使用しないので、行頭に # を入れる。

35 #ObjectDriver DBI::postgres
36 #Database DATABASE_NAME
37 #DBUser DATABASE_USERNAME
38 #DBPassword DATABASE_PASSWORD
39 #DBHost localhost
40
41 ##### SQLITE #####
42 #ObjectDriver DBI::sqlite
43 #Database /path/to/sqlite/database/file
44
45 ##### BERKELEYDB #####
46 #DataSource /path/to/database/directory







ここまでの書き換えが終わったら、 mt-config.cgi と言うファイル名で保存します。





それでは Movable Type に接続したいと思います。スタート−ファイル名を指定して実行からhttp://localhost/cgi-bin/mt/mt.cgi と入力して OK をクリックします。

ユーザ名およびパスワードなどの項目すべてを入力して「インストールを続行」をクリック。







データーベースの初期化が始まります。
初期化が終了したら「 Movable Type にログインして下さい」をクリック。








再度、ユーザ名およびパスワードを入力して「ログイン」をクリックしてログインする。








左上の First Weblog をクリックします。








各項目に入力し、右側にある「 詳細モードに切り替え 」をクリックし新規投稿、コメント/トラックバック、公開などのページも設定します。








いちばん右上の 「ログアウト」の左側にあるブログ名をクリックすると、プロフィールの設定画面が表示されるので、変更があれば編集する。







以上で初期設定は終了です。





参考になったと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ


MovableTypeのダウンロード

Movable Type の公式ページにアクセスします。








下にある「ダウンロードページへ移動する」をクリックする。








ダウンロードページが開きます。








下の方にスクロールして行くと、個人ライセンス(無償)があるので、
http://www.ecbuyers.com/b2c/link/sixapart/musyou_personal/ をクリック








シックス・アパートのサイトが開きますので、最下部までスクロールして行きます。注意事項を、良く読んでおいて下さい。








「利用許諸に同意し無償ダウンロード画面へ進む」をクリックする。








必須項目すべてを入力し「次へ」をクリック。








入力に間違えがなければ[申込]をクリックする。








入力したメールアドレスに【ECバイヤーズ】より「無償ダウンロード準備完了のお知らせ」が届きますので、ダウンロード認証画面にアクセスして下さい。
メールに記載されている「ダウンロード認証キー」を入力して「次へ」をクリック。








ダウンロードをクリック。







適当な場所に保存して下さい。








参考になったと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ


MovableType とは?

Six Apart 社の Weblog System のことです。
ウェブログサイトを生成・管理するサーバソフトで、単体では機能しませので、標準的なWebサーバに組み込んで利用する。


ユーザがWebブラウザから投稿した記事を RDBMS (MySQLなど) で構築されたデータベースに保存し、あらかじめ用意されたテンプレートファイルを元にページを生成する。


月ごとやカテゴリーごとの記事の一覧なども自動的に生成することができ、カレンダーやコメント投稿欄、トラックバックなどウェブログに必要とされる一連の機能も公開されています。





参考になったと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ