タグ「Motherboard」が付けられているもの

自作PC 10号機



10号機、3年ぶりの自作です。パーツも揃ったので、早速組み立てに着手いたします。


サーバー、クライアント共に不満も無く、自作する必要が無かったので、今回3年ぶりの自作と成ります。

自作PC 9号機



9号機、久々の自作です。パーツも揃ったので、組み立てに着手いたします。

自作PC 9号機 (準備その一)



目まぐるしく変わるパソコンの環境、サーバー機も更新の時期に来たのかな?

自作PC 8号機 (準備その一)



退院以来、久々にPCを作ってみようかな?と言う気持ちになったのも Core i7 の魅力でしょうか。

自作PC 7号機



今度は、本格的に7号機の製作に着手出来そうです。

自作PC 7号機 その五



待ちに待ったマザーボード到着。無謀な挑戦はいつまで続く?

自作PC 7号機 その四



いよいよ3度目の正直に挑戦(無謀な?)

自作PC 7号機 その三



マザーボードの焼損した原因を探るために…

自作PC 7号機 その二



すべてのパーツが揃ったので、組み立てて試運転をしました。

自作PC 7号機 その一



7号機は、知人からの製作依頼でした。ノートパソコンをデスクトップに更新!


オンボードのLANポートにLANケーブルを接続したら、パソコンが固まってしまう。

CPUとM/Bを交換した結果は?



さすがに Quad Core の威力はすごい。


CPUとM/Bを交換しようと思ったきっかけは、某ショップのあるキャッチフレーズからだった。


1号機のマザーボード交換の記事をUPするの忘れていたようです。遅まきながらUPしました。

自作PC 6号機



6号機は、地デジ対応のキャプチャーボードを搭載してテレビ兼用に。

自作PC 6号機への準備 その三



今回は、メモリーとHDD、光学ドライブの準備です。

自作PC 6号機への準備 その二



地上デジタル対応TVキャプチャボード GV-MVP/HS が使用できる チップセット Intel G965 以上のマザーボードを準備。

自作PC 6号機への準備 その一



6号機は、地デジ対応のキャプチャーボードを搭載してテレビ兼用に。


電源不良と言うことで、電源を購入し取り替えたのだが『うっそーーー! アカンたれやん』

起動しないパソコンをもらった。



知人に『電源不良で動かないけど…いる?』って聞かれて、思わず「いる」と応えてしまったのだが…
PCが突然再起動を繰り返した後、BIOS画面にすら移行できなくなっていた原因は…

PCが立ち上がらなくなった!

HDDを容量アップして数日快調に使用していましたが、突然OSが再起動した後立ち上がらなく成ってしまった。
/(-_-)\ コマッタァ・・・

自作PC 4号機

4号機はサーバーPCの更新です。数年使用してきたPCをサーバーとして運用してから4年目、近年めまぐるAしく進化していく環境に付いていけなく成ったのが現状です。

ATX とは?

ATX (エーティーエックス)

1995年にIntel社が発表したPC/AT互換機用のマザーボードの規格。マザーボードとしては現在もっとも広く普及している規格である。



ATXでは、ボードの形状や寸法、各パーツやスロットの配置が厳密に定められている。

それまでは各メーカーが独自の規格でマザーボードを製造していたが、ATX規格で細部まで定めることによってパーツの互換性が高まり、より多くのメーカーが市場に参入することができたため、競争によってコストを下げることができた。


ATX仕様を小型化したものがMicroATX仕様、MicroATX仕様をさらに小型化したものがFlexATX仕様である。


(参考サイト:IT用語辞典より





参考になったと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



自作PC 3号機

3号機目は私が愛用していたPCを、現在は1号機を使用している関係で子供用に改造しようと思います。
子供用と言う事で、主にインターネットと簡単なゲーム用にロースペックで制作予定。

自作PC 2号機

2号機は我が家用では無くプレゼント用として制作しましたので、制作上の画像が全く残っていません。m(_ _)m
当然の如くプレゼント用なので、私のPC(自作PC1号機)より高いスペックはあり得ませんよね!(^^;)

自作PC 1号機

ビデオファイルのコンバートやオーサリングに時間がかかり過ぎる愛用のディスクトップPC、そろそろ更新しようと思います。