WinXpの残骸の最近のブログ記事

アカウント管理されているサイトにログインする時に表示される、ユーザー名とパスワードを入力するダイアログの『このパスワードを保存する』の表示を消す。
システムの復元に使用する格納データは、システムドライブの空き容量を圧迫している。
子供に悪影響を及ぼすサイトが社会的にも問題になっていますが、家族でパソコンを共有している場合は特に、アクセス制限を掛けておこう
IEにはオートコンプリート機能が備わっているが、これがONに成っていると一度入力したIDやパスワードが記録され、簡単に他人に知られてしまう危険がある。
タスクトレイにある不要な常駐ソフトを見直して、パソコンの起動を早くする。
レジストリは、システムやソフトの設定が保存されている場所で、追加や削除を繰り返しているうちに不要なレジストリが残ってしまう。
インターネットの一時ファイルは、WEBサイトを閲覧する度に勝手に溜まっていってしまい、知らないうちにハードディスクを圧迫しています。
コントロールパネルを開くときに、いちいちブラウザを開くのは手間なものですね。メニュー表示にして作業の手間を省き、作業効率をあげましょう。
『2〜3台のモニターを、種類又はグループに応じて切り替えながら作業をしたい。』と感じているあなたには、仮想デスクトップがお勧め。
WindowsXpは初期設定で、光やADSL、ダイアルアップ回線に合わせて最適な通信ができるよう設定されているが、本当に今の環境に合った設定になっているのだろうか?
Windowsの二次キャッシュの設定を、CPUに搭載されている二次キャッシュに合わせて変更しパフォーマンスを良くする。
最近データの読み込みに時間がかかるように成ってきた、なんて感じた事がありませんか?
ツールバーのカスタマイズで、作業効率をあげよう。
Windows を起動すると、複数のプログラムが同時に起動する。CPU処理の優先度を見直して、パフォーマンスを良くしよう。
仮想メモリーは Windows セットアップ時に、自動的にシステムドライブであるCドライブに設定されるが、システムドライブの負担を軽くしたいなら、Dドライブへ移行しよう。
Windows のファイル表示は、全てアイコン画像で表示される。
これは基本となるアイコン画像を、ファイルの種類によって関連づけしているからである。
Windows は、子供からお年寄りまでが簡単に使えるように、使いやすさ重視の設定になっています。

それが故に、ウインドウの表示速度が故意に抑えられているようです。
Windows は、子供からお年寄りまでが簡単に使えるように、使いやすさ重視の設定になっています。

それが故に、メニューの表示速度が故意に抑えられているようです。
Windows にも備え付けのアイコンがあります。しかし、フォルダなどのアイコンは似かよった物が多く解りづらいよに思います。
そこで、世界でたった一つの自分だけのアイコンを作ってディスクトップをカスタマイズしてみませんか?
Windows に備えられている検索機能の検索結果を、高速に表示する。

windows を再起動させるには、最低でも3つの動作を必要とします。
この手間を省いて、1クリックで終了させよう!

windows を終了させるには、最低でも3つの動作を必要とします。
この手間を省いて、1クリックで終了させよう!

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜